新着コラム

お薬の「ストッパ」に登場しています!

2016.08.01 (月)

先日、登山についてのインタビュー記事がお腹のお薬の「ストッパ」にて掲載されました! 記事はこちらになります! 登山のギュルギュル  なんでもそうですが、余裕のある行動が必要ですよね~。 山に行って、もうこりごりなんて事に … 続きを読む»

写心って何!?

2016.07.26 (火)

「写心家」と名乗らせて頂いております。 名刺の肩書にも「写心家」と・・・・。 名刺をお渡しすると、「んっ?」とされる方が多いです。 「写真家?・カメラマン?・書を書く人ですか?」・・・等々。 心を写すカメラマンさん? そ … 続きを読む»

伝わる写心(写真)とは?

2016.07.24 (日)

写心を撮る上で・・・・心がけている事があります。 それは・・・伝わる写心になっているか? やみくもにカメラを持ち、撮っているだけでは、「伝えられない・・・」のではないかと・・・ ホームページや、プロフィール、イベント、チ … 続きを読む»

プロカメラマンになるには資格は必要!?

2016.07.22 (金)

「プロカメラマンになるにはどうしたらいいですか?」・・・ 「写真で食べていくにはどうしたらいいですか?」 時折こんな質問を受ける事があります。 学生時代(大学の時代)の写真部の顧問の先生から 「カメラマンになんてなろうと … 続きを読む»

アングルとイメージで迫力を出す。

2016.07.21 (木)

先日、東京都の稲城長沼という駅に降り立ちました。 東京の西側の稲城市は緑も多く梨園とかも沢山あります。 駅の高架線下に、なんと!! ガンダムとシャアザクが!! ガンダムをデザインした大河原邦夫さんのゆかりの地だそうです。 … 続きを読む»

写心って何ができるの?

写心とは?写す真と書いて写真!
ファインダーをのぞいてシャッターを切った時にあなたは何を感じて写しているのでしょうか?
「あの人に見てもらいたい」「この素敵な景色を彼女(彼氏)のも見てもらいたい」そう思ってシャッターを切った時、写真ではなく写心となって表現されます。誰かのために・・・・と撮った写心は人の心を動かすものがあると思います。

写心庵ではカメラ操作のテクニック的な事だけに重きをおきません。「ただカメラでシャッターを押すだけなんだから誰が撮っても同じなんじゃない?」と思われる方・・・多いと思います。でもそんな事はないんですよ。
撮る方の性格や感じ方、物の見方によってすご~く変わってくるんです。カメラマンで報道系の臨場感、緊張感伝わる写真を撮る方とお子さんやご家族を撮っていらっしゃるカメラマンが同じおじいちゃんやおばあちゃんの被写体を撮ったとします。
一方は険しかったり、堅かったり、他方は笑顔ばっかりの写真だったりと・・・。どちらが良い悪いではないですが、見方が違うと同じ被写体でも随分違った写真になるのは事実です。

大事なイベントやホームページをプロの写真で!

ご家族の大事なイベント、アニバーサリー、パーティー、披露宴、またご自身の講演会の様子や、企業様のホームページ用の撮影、写心家ができるプロフェッショナルな写真をご提供いたします。

ご依頼のお客さまより

「いろいろプロの写真家の方に写真を撮ってもらったが、永田さんに撮ってもらう写心は特別の輝きを放っている。自分でも気づかなかった喜びや驚き、感動の表情が魔法のように写心の上に浮かび上がってくるのだ。心で人に向き合う永田さんの真剣勝負こそがなせる技であろう。」

元アップル・ジャパン社長
現株式会社COMMUNICA 代表取締役 山元賢治
https://communica.co.jp/

写心を学びたい・撮影のご依頼・写真販売

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP