失敗しない、自分にとって必要なカメラの選び方とは?

2017.07.09 (日)

今お勧めのカメラはなんですか? 買うんだったら何がいいですか?
この仕事をしているとそういう相談や質問を受けます。

今流通しているカメラは大まかに3種類に分かれています。静止画のカメラとしてです。(スマホを除く)

1.コンパクトデジカメ

2.一眼レフカメラ

3.ミラーレス一眼

それぞれの良さがあります。ただコンパクトデジカメはスマホの普及により残念ながら2012年頃から急激に販売数量が落ちてきています。安価なコンパクトデジカメ(1万円位)で購入できるようなコンパクトデジカメはスマホとの差別化が図れないため苦戦を強いられています。

コンパクトデジカメはダメなのか?

コンパクトデジカメがダメかというと決してそんな事はありません。確かにセンサー(画像を記録する部分)が一眼レフやミラーレス機よりも小さいため画像の質が心配)何て事も言われますが、ハイクラスコンパクトデジカメと言われる物は、レンズもブランド力のある凄いレンズが付いていたり、またフルマニュアルで撮影を楽しむ事ができます。
単純にオート機能だけを使って撮影する目的でしたら必要ないでしょうが、こだわった、自分の写真を撮りたいと思っている方にはハイクラスコンパクトがお勧めです。

一般的にそのクラスのコンパクトデジカメは5万円~10万程度になります。一眼レフのエントリー機種が購入できてしまう価格でありますが、やはり小型でさっと出せるカメラはシャッターチャンスに強いという事が言えます。

2.一眼レフカメラ

多くの方々が愛用し昔でしたら男が持つカメラでありプロの常用カメラでした。一眼レフの良さは豊富なレンズを交換でき様々な画角の写真が撮れる事かと思います。そしてコンパクトデジカメに比べて、拡張性も高く(例:フラッシュを追加したり)、また撮影バリエーションが豊富です。ママや女性をターゲットにした一眼レフカメラもありそれれは小型で軽量化されています。

3.ミラーレス一眼カメラ

一眼レフカメラがOVF(オリジナルビューファインダー)といいます、ガラス越しにみた絵をそのまま見ているのに対して、ミラーレス機はEVF(エレクトリカルビューファインダー)電気処理さされたファンダーの絵を見る事になります。また従来一眼レフにあった反転するミラーがないため、小型軽量化もできるようになりました。

カメラの出荷台数は年々減少しているが・・・

静止画専門のカメラに出荷台数はスマホの影響も大きい事から全体の販売数量は減少しています。減少している中で一眼レフ機とミラーレス機のシェアがデジタルの進歩にともない変化してきているという事があります。

今購入するなら何のカメラがいいですか?

最初の質問に戻りますが、自分はこれから購入されるのだったらミラーレス一眼をお勧めします。以前はシャッターラグも多くて遅いイメージがありましたが最近のミラーレス機はどれもそんな事がないように思えます。また拡張性も一眼レフに比べ狭いような感がありましたが、プロが使う事も考えてメーカーさんも力を入れてきています。スマホの撮影に慣れた方はデジタルファンだー(EVF)にも違和感なく入っていけると思います。

何をメインに撮るか? 何のために必要なのか?  目的をはっきりさせる必要もある。

一眼カメラでも連射が得意なカメラとそうでないカメラ、画質の綺麗さにこだわったカメラ。アウトドアに強いカメラなどそれぞれの特徴を持った物があります。
ほとんどがオールラウンダーに徹していますが、撮影条件が厳しくなるようでしたら目的のためのカメラを選ばれたら良いと思います。

暗い所に強いカメラ、落ち着いて物撮りをしたい時のカメラ。カタログにどういう事に対して重きをおいているか? そこを読みとってください。

メーカーやデザインに対しての好みも重要です。持って嬉しくなるカメラ。そんな一台に巡り合えたらいつも持ち歩きたくなりますからね。

 

 

 

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 失敗しない、自分にとって必要なカメラの選び方とは?

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-2309-0415

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP