わんちゃんの撮り方!飛行犬撮影にチャレンジ!!

2018.04.26 (木)

ワンちゃんが飛んでいるように見える写真を見た事はありますでしょうか? 「飛行犬」なんて言われた写真は人気です。ドッグランなどでワンちゃんが走ってくる時にスピードが乗ってくるとまるで空中に浮かんでいるような写真が撮れます。

先日横浜のドッグウイークにてワンちゃん達のイベントで、飛行犬の撮影をしました。前から飛ぶように走ってくる飛行犬の撮り方についてお話してみたいと思います!

飛行犬撮影に適したカメラは?

これは一眼カメラ(一眼レフ)が良いと思います。一眼カメラがない場合は望遠ズームレンズが付いているデジカメが良いと思います。
理由は高速シャッターを切れるし、連写が容易であるからです。さらに最近の一眼カメラであればオートフォーカスが非常に優秀です。正面から猛スピードで走ってくるワンちゃんにピントが追従できるカメラもあります。

ちなみにこの写真はミラーレス一眼α7Ⅲで撮影していますがオートフォーカスの追従もバッチリでした。

 

飛行犬を撮り方はどうすればいい?

・ポジショニング

カメラを構えるポジション(姿勢)ですが、中腰もしくは地面に伏せて撮る事が可能であればよりアングルも迫力のある写真が撮れます。走ってくるワンちゃんを上から見るのではなく同じ目線でカメラを向ける事が迫力のあるアングルになります。
 
・撮影モードは?
マニュアルモードを使った事がない方で自信がなければスポーツモードを使ってみてください。連写でき早い動きを認識してシャッタースピード、オートフォーカスを動かしてくれます。お勧めは何と言ってもマニュアルで撮って欲しいです。シャッタースピードも1/500秒以上で撮れればワンちゃんが綺麗に飛行しているように撮れると思います。
 
・フォーカスをどうするか?(ピント合わせのモード)
前から走ってくる早いスピードのワンちゃんに対してはオートフォーカスが付いていかずピンボケの写真を量産してしまいがちです。オートフォーカスで追い切れないと判断したら従来からの手法、置きピンでの撮影もトライしてみましょう!

ちなみに置きピンとは、マニュアルフォーカスであらかじめワンちゃんの通過予想ポイントにピントを固定しておきワンちゃんが通過する時にシャッターを切るという手法です。(実際にはワンちゃんが通過するちょっと前から連写します。ワンちゃんが通過した時にシャターを切ってしまうとタイミングが遅れますので)ワンちゃんが飛んでない可能性も多々あるのですがピンボケ写真は少なくなります。

 

 

「ワンちゃんの撮り方!飛行犬撮影にチャレンジ!」はいかがでしたでしょうか?

 

連休はワンちゃんとのイベントが沢山ありそうですので、かわいいワンちゃんを連れてワンちゃんが飛んでいる写真撮影にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

 

スマホカメラを活かした撮影講座、撮影のご依頼も受けております!

お問い合わせは下記より!!

セミナー・講演のお問い合わせ

 

 

動画で写心を学んでみたい 写心庵チャンネルはこちら!

 

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: わんちゃんの撮り方!飛行犬撮影にチャレンジ!!

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-2309-0415

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP