会社案内、ホームページは写真が重要である理由。

2018.03.27 (火)

会社案内・ホームページ用の写真のご依頼を頂く事がしばしばあります。ビジネスの世界では写真が重要な役割を持っていると言ってもいいと思います。

何故会社案内やホームページの写真が重要なのか?

当然の事ながらその企業の事を調べる時にホームページか会社案内をお客様は見ます。そこで暗い感じだったり明らかに現実と乖離している写真が使われていたら見た方はどう思うでしょうか?
ホームーページや会社案内の写真は最初のとっかかりをつくる、興味をわかせる為の物であると同時にその会社の顔と思ってください。

ビジネス的に写真をどう使うか?という事は、写真を見たお客様が行動するか?どうか?という事にもなります。

写真を見てその製品や雰囲気を知り、見た方が次の行動に移すことができるか?がビジネスでの写真の役割になります。

ブログやSNSの情報が多くなればなる程、ビジュアルの部分がとても大事な時代になりました。

写真を見た大勢の方々の印象に残り行動へ移せるような写真が商品やサービスの売上、集客向上に大きく関わってきます。

フォトストック等の綺麗な写真を使ったのではだめなのか?

その企業ビジネスをイメージする上で購入した綺麗な写真をホームページ・会社案内・チラシ等でで使う事はよくあると思います。

著作権フリーの素材もありますし、画像はあふれています。注意しなければいけない事は無断使用で人の画像を使う場合。これはトラブルの元になりかねません。著名な写真販売サイトではブログにその会社に素材を無断使用した事を突きとめ訴訟を起こしている事実もありますので使う時は条件を必ず確認しておくべきです。

話を戻しますが、フォトストックで販売されている写真は、他の会社や同じようなイメージの会社が使う、他社とかぶる可能性が高いという事があります。またオリジナルでない写真を使った場合、果たして見た方にその会社の魅力が本当に伝わるでしょうか?

イメージを彷彿させるのはいいとしても現実的でないと、かえって嘘くさく見えてしまう事にもなりかねません。

写真はオリジナルを使う時代!

自社のサービスを愛して、お客様へ伝えたいのであれば一番見せたい部分はどこか? それを知っているのはご自身です。
その部分を伝えプロカメラマンに依頼して伝わる会社案内・ホームページにする事が重要です。その会社の雰囲気、やっている事業の本当の部分が見える写真を使ったホームページ・会社案内は説得力が全然違います。

 

メーカー系の会社案内・ホームページの撮影に強い写心庵

ちょっと宣伝ぽくなりますが、自分は以前自動車関連のメーカーのセールスエンジニア部門におりました。工業製品が主ですが生産現場に行く事がよくありました。そんな経験が今活かされています。それは、製造メーカーの会社案内やホームページ用撮影のご依頼の場合、その見せ方捉え方がわかるという事です。
例えば工場関係でしたら、どういう工程で現場がなりたっていて、どここ見せたいのか? 機会・製品・冶具等・・・そのポイントが現場の方の気持がよくわかるので具体的な指示がなくても、ポイントとして撮影する事ができます。
先日もある工場関連の方から、撮影終了後に指示ポイントだけでなく、機械の部分も撮影をしていたので、「我々の気持ち良く理解していただけている」とおほめの言葉を頂きました。一見すると前職と全く今のお仕事は関係なさそうですが、こういう事でも活かれております。


 
「会社案内、ホームページは写真が最も重要!」はいかがでしたでしょうか?
 
メーカー系は勿論、サービス系のホームページや会社案内を見た方に伝わる物にしませんか? きっとご満足いただけるのではと思います!

撮影依頼の新しいメニューも始まりましたので是非この機会にご利用下さい!!

お得な新撮影プラン!

 

お問い合わせ、お申込みをお待ちしております!!

 

お申込み・お問い合わせは下記より

撮影お申込み・お問い合わせ

 

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 会社案内、ホームページは写真が重要である理由。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-2309-0415

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP