「子供の写真の撮り方のコツ」夏休み編 

2017.08.04 (金)

お子さん達にとっては沢山の思い出ができる夏休み。
田舎に帰ったり、お祭りがあったりと普段とはちがった貴重な時間です。それぞれの楽しい夏休みを写真として思い出に残しておく人も多いですよね。

今回はお子さん達の夏の思い出に残るような写真の撮り方について書いてみたいと思います。

楽しさが伝わる写真である事

なんといってもあとで見て、お子さんが喜んでいる表情が生き生きしている写真がいいですよね!
子供達は正直なので本当に顔にでます。

楽しい時は、素晴らしい笑顔で応えてくれます。無邪気に笑っている姿は見た人達を明るく幸福にしてくれます。

ポーズを取ってVサインしている写真も悪くはないですが、お友達と遊んで夢中になっているそんな時の様子や表情を撮ってあげるのもいいと思います。

 

目線は子供目線で。

大人が上からカメラを構えればどうしても大人の目線になってしまいます。ちょっとした事ですが、お子さんと同じ目線でカメラを構えてみてください。横着する事なく自然にかがんだりする事が重要です。

カメラを構えながら一緒に遊んじゃうつもりでいいと思います。

 

 

 

 

見守り感を意識して撮ってみる

近くばかりからでなくちょっと望遠レンズを使って遠くから撮ってみる。そんな事もお勧めです。

時折遠くから、お子さんの様子を伺う(見守る)ような写真も後で見ると印象に残るものです・・・

それらはきっとお子さんが大人になった時に親御さんの愛情を感じる一枚になるかもしれません。

 

じっとしていない子供達を上手に撮るには?

「寝ている時やじっとしている時は撮れるのですが・・・、子供って動くじゃないですか?、なかなか上手く撮れないんです・・・」そんな声を聞きます。

ピントが合わない、ブレちゃう。写真が上手撮れないと思っている原因はそういう事かもしれません。

手ぶれではなく、躍動感がある被写体ブレは悪い事ではないと思います。

動いているお子さんを撮る時はカメラのモードを使うのであればスポーツモードを使ってみましょう。シャッタースピードが早く被写体を追う設定ですので適しています。そして連写してお気に入りの1枚を探してみてください。

 

またあまり動き回らなくて背景をぼかしたいのであれば、そんな時はポートレートモードを使ってみましょう。

 

 

楽しかった想いでを連想させる写真を撮っておく。

ご家族での旅行・・・目にした事や物の写真を後で見た時に、その時の楽しかった事が思いだされます。その手助けとなるのが、その時のイメージを伝える写真を残しておくといいです。

みんなでスイカ割りをしたならスイカを冷やしている所とかかき氷をしたなら、かき氷自体を撮ってみる事によってその時の記憶がいつまでも素敵な想い出として記憶にも残ります。

 

「子供の写真撮り方のコツ 夏休み編」いかがでしたでしょうか?

是非、カメラを持って素敵な夏休みの想いでを写心にしてみてくださいね。

 

写心の問い合わせについて

 

動画で写心を学びたい 写心庵チャンネルはこちら!

 

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 「子供の写真の撮り方のコツ」夏休み編 

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-2309-0415

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP