カタログから見るレンズの選び方3つのコツ!

2017.11.02 (木)

一眼レフカメラ・あるいはミラーレスカメラの楽しみはレンズを交換して撮影を楽しむ事が大きいと思います。
広角(広い範囲を撮影できる)から望遠(遠くを写す事ができる)まで使えるズームレンズが付いていればいいんでしょ!と思うかもしれませんが、それだけではないんですよね。

オールマイティなレンズは便利な反面どこか無理している事もあるのです。
今日は自分がカタログから見てレンズを選ぶ時のポイントについてについて書いてみたいと思います。
 

ポイント その1 レンズの種類

レンズは大きく分けると画角が変更できるズームレンズ・画角が変更できない単焦点レンズに分けられます。
ズームレンズは超広角ズーム・広角ズーム・中望遠ズーム・超望遠ズームと更に分かれています。

単焦点レンズも同様で画角が動かないので焦点距離でカタログでは表わされています。 ちなみに標準レンズと言われているレンズは50mmで人間の眼の視野角と言われています。
 
撮り方や撮る被写体によって求めるレンズが異なってくるのですが、ズームレンズは便利ではありますが、単焦点レンズと比較すると画質やボケの感じが劣っています。
光学設計が進んで「ズームレンズでも単焦点レンズ並みに・・・」なんて表現が出てはおりますが。

単焦点レンズのデメリットは被写体に対して自分が動いて被写体に近づいたり遠のいたりと足を使う事になります。ズームレンズはレンズ内での画角を変更できますので被写体を自分が動かずに引き寄せる事ができます。

自分は撮られる方が画質にこだわりたいと思うのでしたら、単焦点レンズをお勧め致します。また単焦点レンズは自分が動くというクセを掴み学ぶ事ができるようになるからです。
 

ポイント その2 レンズのスペック焦点距離とF値について

カタログでは 50mm F1.4 というようなスペックのような名称のような言われ方をしています。

これは先程の50mmの焦点距離で 絞値の最少値がF1.4であるという意味です。絞り値が少ない程、被写界深度が浅くなり、ピントの合う範囲が狭くなる。つまり背景とかがボケ易くなるという事です。

F値が低いレンズは高価な事が多いです。写真テクニックで美しいボケを得られる事は重要なファクターになっているので。また単焦点レンズであれば画角が変更はできないのでF値は最少値をフルに使う事ができますが、ズームレンズの場合は画角を変更する事によって最低のF値(絞り値)が変更されてしまいます。
ズームしてもF値が変更しないF値通しのレンズもありますが高級で高価なレンズが多いのが現状です。
 
例えば ズームレンズで70-200mm F4というレンズでしたら F値は70mmの画角でも200mmの画角でも変更されません。
一方 ズームレンズで 70-300mm F4.5~F6.3という表示のレンズでしたら70mm側ではF値が4を使えても望遠ズームする事によって300mm側ではF値が6.3になってしまい暗くなってしまうという事があります。
 
レンズを選ぶ時は焦点距離とF値をまず確認して、ズームレンズの場合はF値が変動するレンズかどうか?も知っておきましょう。
 

ポイント その3 レンズのスペック最短近接距離について

もう一つカタログ表示ではあまり大きく書かれていないスペックがあります。それはそのレンズがどこまで被写体に寄れるか?の数値です。
最短撮影距離と記載されています。これはカメラのセンサー部分から被写体までの距離が明記されています。
自分は最短撮影距離が短いレンズが優秀なレンズだと考えています。
 
これによって多少F値が大きくても(暗い)被写体に近接する事によって背景との距離を稼ぐことができるのでボケが演出しやすくなるからです。
レンズの設計も段々と進歩しており解像度のレベルアップの他、焦点距離のレンズでは寄れる距離の限界値が低くなってきてもいます。
 

写真は日産スカイランGT-Rコンセプト タムロンSP45mmF1.8にて撮影
 
例えば先程の50mmF1.8クラスのレンズは従来は最短撮影距離は45cmでしたが最近のタムロンさんの単焦点レンズ45mmのF1.8は最短撮影距離が29cmになっていました。
解像度も素晴らしく焦点距離5mmの差はありますが、最短撮影距離の差16cmはグッと寄って背景をボカス・・・そんな事も可能になっていました。

 

タムロンSP45mmF1.8にて撮影 絞りF1.8 シャッタースピード1/60秒 ISO2000
 
狭いゲージの中にいる猫ちゃんをゲージの外から近接できるレンズは被写界深度を浅くしてゲージを消して猫を撮影する事ができす。
猫ちゃんの目にはゲージが写りこんでいるのがわかりますでしょうか? 
 
⇒ ねこを撮るのに適したカメラは?
 

「カタログから見るレンズ選び方3つのコツ」はいかがでしたでしょうか?

自分にあったカメラやレンズが知りたいそんな事の相談も受けておりますのでご興味あれば下記よりご連絡下さい。

⇒ 写心教室・セミナー

カメラレンズの事を知りたい・写心教室

 

動画で写心を学んでみたい 写心庵チャンネルはこちら!

 

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: カタログから見るレンズの選び方3つのコツ!

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-2309-0415

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP