フルサイズミラーレスカメラ!3メーカーの争い。

2018.09.23 (日)

ライカやハッセルブラッドのカメラに憧れを持っている方も多いかと思いますが、日本のカメラメーカーさんが世界のカメラのシェアを殆ど持っている事は改めて凄い事だと思います。民生用カメラもどんどん進化してきて一眼市場においてもミラーレスカメラの市場規模の方が多くなってきました。
フルサイズセンサーを持ったミラーレスカメラはソニーさんの一人勝ち(他のメーカーが出していない)状態でしたが、ニコンさん。キャノンさんもそれぞれの特色を積んだミラーレスカメラをこの秋に投入してきました。

そもそもミラーレスカメラとは?

もしかしたらミラーレスカメラの事をご存知ない方もいると思います(言葉は聞いた事はある程度)ので少しお話しますね。ミラーがレス(ない)事のメリットは何があるんでしょうか?

・ボディの小型化が可能・EVF(液晶表示)の為、見た感じの写真が撮れる・部品が少なくすむため軽量化し易い等が上げられと思います。その反面デメリットとしてはバッテリーの消耗が激しい、なんて事が言えると思います。ファインダーも液晶による表示になるので、かっての液晶ファインダーはあまり好ましくなかったですが今のミラーレスカメラのファインダーはどれも素晴らしくなっています。
 

 

ニコン・キャノンのフルサイズミラーレスの登場でどう変わるか?

ほぼ同時に近い位ニコンさん。キャノンさんがフルサイズミラーレスカメラを発表しました。自分は年初に各メーカーさんから「年内にはフルサイズミラーレスカメラを発売します」と聞いていたのでどんなのが出てくるのか? ドキドキしてました。フルサイズのミラーレス一眼はソニーさんが現在第3世代になっていて、プロが使っていても相当使い易いカメラとなってます。昨年は自分もフォトネクストで「プロが使うミラーレスカメラ」という題目でお話させて頂きました。たった1年前の事ですがその時はまだ懐疑的だったプロカメラマンもソニーのα9やα7RⅢの登場によミラーレス機が広がったように思います。
 
α7Ⅲ発売!ソニーのカメラ躍進は10年先を見越した戦略あり!
 
今回のニコンさんとキャノンさんも「このままでは市場をソニーに全部持っていかれる・・」その危機感は半端ない物があったと思います。そして、ニコンもニコン1、キャノンもMシリーズといったミラーレス機を出していましたが、正直中途半端だな・・・と思ってました。もしフルサイズミラーレスを投入するのであれば本腰入れての開発した製品でないと現状の第3世代のソニーのミラーレスには及ばないと思ってました。果たして今回発表したカメラの内容はどうでしょうか?
 
皆さんが感じる事は沢山あると思います。手振れは? 記録メディアはシングルしかない? 瞳AFは? 後発であるゆえに今ある先行のカメラにある機能がない・・・とすると苦しい戦いとなるかもしれません。それぞれのメーカーのファンは「待ってました・・・」と暖かく受け入れてくれるかもしれませんが、プロが仕事で使う場合はやはり最高のパフォーマンスを出してくれるメーカーのカメラを選ぶかもしれません。果たしてゲームチェンジはあるのか? そこは長い目で見ないとと思ってます。
 

「フルサイズミラーレスカメラ 3メーカーの争い」はいかがでしたでしょうか?

動画で写心を学んでみたい 写心庵チャンネルはこちら!
 
写真撮影のお問い合わせ、お申込みはこちらまで。
 
撮影お問い合わせ

 

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: フルサイズミラーレスカメラ!3メーカーの争い。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-2309-0415

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP