ネコを撮るのに適した一眼カメラは? ミラーレス機が良い理由とは?

2016.12.18 (日)

ぺトグラファー(ペットを撮るカメラマン)としてのお仕事もさせて頂いております。写心庵には「まる子」という三毛猫ちゃんがおります。かなりビビリな子なので、家族以外に姿を見せる事がない程です。ネコちゃんかわいく撮る方法は以前に書いたブログを見ていただけたらと思います。

ねこちゃんをかわいく撮るには?

 

活き活きしたワンちゃん、猫ちゃん達を撮るには?

 

今回はネコちゃん撮るのに適したカメラについて考えてみたいと思います。

1.動き回るネこちゃんを上手に撮れるカメラは?

デジカメのメリットは何枚撮ってもお金がかからない・・・。もちろんメディア代(SDカード)と充電費用は必要ですが。沢山撮る事によって、まぐれというと言葉は悪いですが、いいショットが撮れる可能性は高くなります。なので連射性能が高いカメラがいいんですね。スマホでもiphoneではバーストショットという機能があります。シャッターボタンを長押しする事によって連射ができ撮った中からいいショットを選択するというものです。ここではお勧めの一眼カメラについてご紹介させて頂きます。

・連射性能が素晴らしいミラーレス一眼 ソニーα6000

現在後継機種としてα6300、6500という機種が出ていますが、α6000シリーズのTOPバッターとして今もα6000は販売されています。このカメラは1秒間に11コマのシャッターを切れるカメラです。そして何より動き物に強いフォーカスを持っています。

α6300は6000から高級感が増して4K動画を撮れるようになりました。またα6500は手ぶれ防止機能がついています。ただし価格がα6000の値段がこなれてきた事もありますが倍以上の価格となっています。参考価格α6000ボディが5万円前後、α6300が8万円前後、α6500が14万円程度でした。2016年12月17日価格COM情報より。新しい上位機種の性能がいい事は間違いないですが価格と内容についてα6000がいいと思います。

・4K photoが撮れる LUMIX GX7MK2

4K photo機能はパナソニック独自の連射機能です。連射というより動画を撮って、そこから写真を切り出しているイメージと思っていたけたらと思います。1秒間に30コマの連射ができます。また連射中はシャッター音を消す事ができます。

動画からの切り出しのイメージでもあるので、800万画素と画質は低めにはなってしまいますが、決定的な1枚を撮る事はできると思います。

参考価格でLUMIX GX7MK2のボディが7万3千円程でした。

 

・あの岩合さんが使用しているオリンパス! OMD-EM-10MK2

オリンパスのカメラは動物写真家、猫写真で有名な岩合光昭さんが使用していますね。上記の3つのカメラについて共通しているのはミラーレス機であるという事。猫ちゃんやワンちゃんを撮る時に巨大なカメラだと猫も怖くなっちゃいますよね。猫達に威圧感を与えないようにするためにも小型のミラーレス一眼がお勧めです。OMD-EM10MK2はボディに5軸の手ぶれ補正機能がついています。連射性能も1秒間に8.5コマのシャッターを切れるカメラです。

 

2.猫の目を丸く撮るのに適したカメラは?

ネコちゃんの眼をま~るく撮ってあげると、かわいらしさが倍増します。ネコちゃんの目が丸くなるには、「暗い所である、何かに集中させる、驚いた時!」なんですが、おちついて撮るんだったらやや暗い時に瞳孔が開いて目がまんまるになる時を狙ってあげたらいいと思います。それには暗い所でもシャッタースピードが遅くならずに高感度に強いカメラがあればいいと思いま!

・暗い所に強い!ソニーα7S

ミラーレス一眼としてフルサイズセンサー搭載のカメラです。 上記のカメラでα6000のセンサーサイズはAPS-C規格のセンサーサイズ、GX7とOMDはフォ‐サイズというそれよりも小さなセンサーサイズになります。センサーサイズが大きいと背景のボケ具合に影響します。α7Sは高感度に特化しているので暗い所でも十分に撮る事ができます。猫ちゃんの目を暗い所ま~るく撮る事ができるカメラです。特殊なカメラなんで20万前後という価格でありますが・・・・。

 

 

猫ちゃんを上手に撮りたい・・そんな方は下記まで!

お問い合わせはこちらまで

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: ネコを撮るのに適した一眼カメラは? ミラーレス機が良い理由とは?

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-2309-0415

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP