新年明けましておめでとうございます! お正月写真の撮り方!

2018.01.01 (月)

2018年が明けました。いつもコラムを読んで頂きありがとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

新年の初めの記事はお正月の初詣写真の撮り方について書いてみたいと思います。
年末年始から田舎に戻られたりご家族が集まるお正月は日本のよい習慣ですね。
こんな時を是非素敵な写真に残してもらえたらと思っています。
場合によっては写真館に家族がそろった所でみんなで行って撮影してもらうなんて事もその年のスタートにはいいかもしれませんね。

初詣写真について(神社やお寺)

初詣をされるのは神社でしょうか?お寺でしょうか?
お正月を田舎で過ごされる方は地元の神社で初詣をされる方も多くいらっしゃると思います。
やっぱりその時もカメラを持っていきましょう。
家族の写真をメインで撮られると思いますがいつもと違った、お正月ならではの写真もチャレンジしてみましょう。
私が良くいく大宮の氷川神社様は毎年、干支が社殿に飾られます。ついつい真正面から捉えたくなってしまいますが、ちょっと写真をカッコ良く撮ってみたいと思います。
まず下の写真ですが正面から干支を撮ってみました。 見せたい部分がはっきりしているので、いいいのですが、記録写真的になってしまっているようです。

 

こういうシーンを撮る時も考えずにシャッターを押すのでなく、自分の中でここだ!っつて思える構図を探してみましょう。
自分はちょっと右側に干支を入れてみました。こうする事のよって奥にある神殿が入るようになり奥行き感もでるようになりました。また境内の木を左側に入れる事によって左右のバランスを整えられるいようになります。

神社やお寺の境内はついつい撮りたくなってしまう被写体が沢山です。
 

あまり人があつまっていない所にも目を向けて見てくださいね。
 

 

ご家族の写真について

皆さんで勢ぞろいして記念撮影も大事ですがちょっとした瞬間にも是非目を向けてみて下さいね。


 
ご家族の優しさが伝わってくるような瞬間をファインダーを通じて見つけてみてくださいね。
 

 
「お正月写真の撮り方」はいかがでしたでしょうか?

ご家族の撮影や写心教室について興味がありましたら下記よりお願い致します。

撮影の問い合わせ

 

動画で写心を学びたい 写心庵チャンネルはこちら!

▼シェアをお願い致します!▼

現在の記事: 新年明けましておめでとうございます! お正月写真の撮り方!

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-2309-0415

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP