写真撮影のコツ「集合写真で素敵な笑顔を撮る3つの方法とは?」

2017.06.06 (火)

先日、写真協会さんのパーティーで記念写真を撮る時に普段披露宴会場のお仕事をメインでされていらっしゃるカメラマンと知り合いになりました。その方、参列者への指示(誘導)が的確でなおかつ、笑顔にさせる為の掛け声も素晴らしかったです。

 

集合写真や記念写真。やっぱり笑顔で撮られたいですよね。 自分だけ「ブス~」っとした顔で写っていると後で残念な気持ちになりますからね。ここでは集合写真を笑顔で撮る事について書いてみたいと思います。

写真は表情

写す時に掛け声をかけて注意をひき、笑顔を撮る場合、その場の雰囲気が固くならないようにする必要があります。当たり前ですが、カメラマン自体に威圧感とかがあってはいけないと思います。そして掛け声が必要になる訳です。 「ハイチーズ」ってプロは言わないの?って聞かれた事ありますが、プロでも使いますし、掛け声の目的自体が注意を引き、なおかつ笑顔になってもらいたいという事になりますから、その目的が達せられるのであれば何でもいいと思います。

 

口角を上げると笑顔になると笑顔研究者の先生も言ってらっしゃるので「○○イー」たとえば、ビューティーとかハッピーとかの最後のイーが口角を上げてくれます。あまりやり過ぎると顔がひきつってしまいそうですが。

先日の集合写真でのプロカメラマンの方は「いいですか~皆さん写真は表情ですよ~、行きますよ~」と言いながらシャッター切られてました。その方の言い方も良かった事もありとてもなごんで撮られたようでした。

ポーズを決める

皆さんで何かポーズを決めて見るという事も有効です。ただ立ったままでの集合写真の他に何かポーズを撮った方が顔がなごんで笑顔になっていたという経験はありませんか?  女性達だったら手でハートマークを作ったりして、「ハッピー」と言ったような掛け声をかける事によって自然な笑顔になりやすいです。

誘導、掛け声のテンションは高めでりズムよく!

集合写真で並んでもらいいざ撮る状況になったら、誘導が重要です(見きれてないか配置や移動)。ここはやっぱりテンポよく行かないとです。大勢だと難しいですが、前の方と顔がかぶっているとか、レンズが見えているか? カメラレンズを示して「ここを見て下さいね~」と言ってあげましょう。また大勢の方がカメラを構えてしまった場合、どこに目線を合わせてたらいいのか? わからなくなる事がありますので。メインのカメラマンであればまずは「ここを見て下さいね~」ときっちり誘導しましょう。その上で、上記の、掛け声だったり、ポーズだったりをしながら、あくまでもリズム感にあわせてテンポよく、シャッターをきって見てください。

集合写真を笑顔で撮る3つの方法についていかがでしたでしょうか?

写心のお問合せはこちらまで

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 写真撮影のコツ「集合写真で素敵な笑顔を撮る3つの方法とは?」

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-2309-0415

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP