横浜竹之丸地区センターでの写真教室「皆さんが使いたいカメラは?」

2017.10.05 (木)

横浜市・竹之丸地区センターでの写真教室!全3回による講習を実施させて頂きました。

1回目は「写真の撮り方、印象的に見せる方法」を、2回目は山の手地区での外部での実践撮影講習。
そして3回目は皆さんが撮られた写真での講評会とそれぞれの方々からの質問をお受けしてのクロージングです。
 

参加されいらっしゃる方々のカメラは一眼レフ・ミラーレス・コンパクトデジカメの皆さんでそれぞれの違いがありました!
撮りたい被写体も、プロ野球の選手だったり、お菓子類(テーブルフォト)お子さん等で質問も沢山でて自分自身の勉強にもなります。

「写真のセンスがないんで・・・」とおっしゃてた方がいらっしゃいますが、それは思いこみです。

 
沢山ファンダーを通して撮っていれば自然とご自身が言っているような「センス」は身につくと思います。
ちょっとしたヒントやカメラの使い方が理解できれば、自分らしい写真に行きつくと思います。

 
よく頂く質問ですが、こんな質問もありました。

「どこのカメラメーカーがお勧めですか?」

一眼カメラを例にして言いますと、一眼レフと一眼(ミラーレス)カメラがあります。
この二つはどちらも自分で絞りやシャッタスピードをコントロールできるという事は変わりませんがファンダーでの見え方が異なります。
 

液晶によるEVF(エレクトリカルビューファインダー)によるものか? 従来からあるOVF(オリジナルビューファインダー)か?という事です。
これらのカメラの双方それぞれにメリットとデメリットがあります。
 
カメラの選び方については以前に書いた記事があるのでそちらを読んでいただけたらと思います。
 
失敗しない自分にとって必要なカメラ選びとは?
 
今のカメラはどこのメーカーも素晴らしので最終的にはご自身の好きなメーカー(ブランド)やデザインで選んでも良いと思います。
絞り・シャッター・ISO/ホワイトバランス 基本は一眼カメラであればコントロールできます。
まずは自分が気に入ったカメラで使いこんでみる事が大事だと思います。
 

 
講座は3回でしたが、何か一つでも自分らしさが入った写真を撮れるようになっていただけたらと思います。
カメラコントロールによる光の使い方・被写体に対しての想いが伝わる写真になればと思って、お話しをさせて頂いております。
 
あっという間の3週間にわたる講座。参加していただけた方全員から「とても良かった」との評価を頂いて嬉しい限りです。

皆さんが楽しく素敵な写心ライフを送っていただけますよう!
 
また来年も横浜地区での講習を予定しておりますので、沢山の方とお会いできる事を楽しみにしております!


 
学校・地域・企業様からの講演会・写真教室(写心)のご要望も受けたまっておりますのでお問い合わせは下記よりお願いたします。
 
ご依頼・お問い合わせは下記より

 

写心の問い合わせについて

 

動画で写心を学びたい 写心庵チャンネルはこちら!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 横浜竹之丸地区センターでの写真教室「皆さんが使いたいカメラは?」

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-2309-0415

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP