新着コラム

レンズの大敵!? ゴーストやフレア写真を楽しんでみる。

2019.08.16 (金)

フレアやゴーストって言葉を聞いた事はあるでしょうか? 強い光がある方向で撮影をすると、画面の中に色のついた光が入ったり写真全体が白っぽくなることがあります。 これらの現象を「フレア」「ゴースト」とそれぞれ呼ばれていていま … 続きを読む»

夏の滝を撮ってみよう!シャッタースピードコントロールによる見せ方!

2019.08.12 (月)

毎日暑い日がつづいています。梅雨があけてから急激に暑くなりました。夏休みは涼しさを求めて旅行にでたりする方も多いと思います。今回は涼しさを届けたいので(笑)、山の滝をシャッタースピードの違いでどう表現するか?を書いて行き … 続きを読む»

夜のお散歩写真を楽しんでみよう!

2019.07.25 (木)

カメラを持ってお散歩写真というと殆どの方が日中だとおもいますが、夜は日中とは違って、人工的な灯りとともに違った空間を演出してくれます。今回は夜のお散歩写真について書いて行きますね! 夜のお散歩撮影時のカメラのセッティング … 続きを読む»

お祭り写真にチャレンジ!! お祭りを印象的に撮ってみよう!!

2019.07.20 (土)

7月に入り各地でお祭りのしーズンになりました。今年は関東は梅雨が長いので、雨には気をつけてお祭りの写真を楽しんでください。 ⇒雨の日は要注意! 雨の日の撮影で気をつける事! 動きのある写真を撮る お祭りの花形といえばお神 … 続きを読む»

雨の日は要注意! 雨の日の撮影で気をつける事!

2019.07.15 (月)

7月に入って半ばになりましたが、今年は梅雨が長いようです。関東ではあまり太陽を見た気がしません。スカッと晴れた青空での写真撮影を楽しみたいところですが雨の中でも撮影しないとならない場合もあるかと思います。今回は、雨で自分 … 続きを読む»

写心って何ができるの?

写心とは?写す真と書いて写真!
ファインダーをのぞいてシャッターを切った時にあなたは何を感じて写しているのでしょうか?
「あの人に見てもらいたい」「この素敵な景色を彼女(彼氏)のも見てもらいたい」そう思ってシャッターを切った時、写真ではなく写心となって表現されます。誰かのために・・・・と撮った写心は人の心を動かすものがあると思います。

写心庵ではカメラ操作のテクニック的な事だけに重きをおきません。「ただカメラでシャッターを押すだけなんだから誰が撮っても同じなんじゃない?」と思われる方・・・多いと思います。でもそんな事はないんですよ。
撮る方の性格や感じ方、物の見方によってすご~く変わってくるんです。カメラマンで報道系の臨場感、緊張感伝わる写真を撮る方とお子さんやご家族を撮っていらっしゃるカメラマンが同じおじいちゃんやおばあちゃんの被写体を撮ったとします。
一方は険しかったり、堅かったり、他方は笑顔ばっかりの写真だったりと・・・。どちらが良い悪いではないですが、見方が違うと同じ被写体でも随分違った写真になるのは事実です。

大事なイベントやホームページをプロの写真で!

ご家族の大事なイベント、アニバーサリー、パーティー、披露宴、またご自身の講演会の様子や、企業様のホームページ用の撮影、写心家ができるプロフェッショナルな写真をご提供いたします。

ご依頼のお客さまより

「いろいろプロの写真家の方に写真を撮ってもらったが、永田さんに撮ってもらう写心は特別の輝きを放っている。自分でも気づかなかった喜びや驚き、感動の表情が魔法のように写心の上に浮かび上がってくるのだ。心で人に向き合う永田さんの真剣勝負こそがなせる技であろう。」

元アップル・ジャパン社長
現株式会社COMMUNICA 代表取締役 山元賢治
https://communica.co.jp/

写心を学びたい・撮影のご依頼・写真販売

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP