家族写真の上手な撮り方について 3つのコツ!

2019.01.03 (木)

お正月に田舎に帰ったりご家族でゆっくりと過ごされている方もいらっしゃると思います。そんな時にご家族での想い出の写真を素敵に撮っておきたいですよね。

ご家族で集合写真を撮るコツについて!

意外に思われるかもしれませんが、カメラはスマホカメラがお勧めだったりします。スマホカメラは背景ボケがしずらいカメラです(ポートレートモード等のエフェくト除く)。一眼レフカメラの場合はセンサーの大きさが大きいため距離に応じて前後の方でピントがあわなくなる事があります。絞りを絞らない(F値)を高くしないと全員にピントがあわなくなってしまいます。またその場合はシャッタースピードが遅くなってしまうので今度は手振れが発生しやすくなります。
写真屋さんが大きな三脚でカメラを固定して集合写真を撮っているのは奥の人までピントが合うようにしてF値を高くして撮っているからになります。一方スマホカメラのF値は低いのでシャッター速度が遅くならずにまた背景ボケが起きづらいため手持ちでの集合写真が可能です。
大きなカメラで撮ってしまうとカメラを向けられている事に緊張してしまう方に対してもスマホでしたら、緊張せずに撮られる事ができそうです。シャッターは何枚か撮るのを基本にして、写す人が入る場合は三脚やワイヤレスリモコン等を使って撮ると良いと思います。
 
知っておくと便利なスマホカメラの使い方
 
撮る時の掛け声は? 
自分がカメラを持って撮る時は「ハイチーズ」でもいいのですが、セルフタイマーで撮る場合は、シャッターが切れるまじかに「さあみんな笑顔でね~」「くるよ!くるよ!」と言ったようにカメラを設定した方が掛け声をかけると撮られる側に準備ができると思います。カメラの持ち主以外はいつシャッターが切れるのか?わからない人がいるので声を出してタイミングを知らせてあげましょう!
 

家族でのお散歩写真を撮ってみる

 皆さんではい撮りますよ!というのも良いですが、例えばお散歩しに行った時とか、何気ない状況を撮ってみる事によって、日常が素敵になります。一眼カメラやズームのあるカメラだったら背景も入れて近くから撮るのではなくてちょっと望遠を使って(100mm程度)見るといいかもしれません。

それぞれの人を主役にしてアップ目に撮ってみる

みんなで何かをしている雰囲気が撮れたら、アップでの写真も撮ってあげましょう。特にお子さん達は特にアップで撮りたいですよね?
 
子供たちを上手に撮るには?
 

こういった写真は撮られている事を意識させない事が大事です。カメラを意識してしまうと表情を作ってしまうので、ご家族の場合は何かに熱中している時とかそういう時をバシバシ撮ってみてください。

 

「家族写真の上手な撮り方について3つのコツ」はいかがでしたでしょうか?

是非、皆さんが集まるお正月を素敵な写真を撮って楽しんでみてくださいね。
 
動画で写心を学んでみたい 写心庵チャンネルはこちら!

 

セミナー講習会等のお問い合わせ、お申込みはこちらまで。

写心セミナーお問い合わせ

 

 

 

 

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 家族写真の上手な撮り方について 3つのコツ!

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-2309-0415

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP